毛孔性苔癬の脱毛(二の腕ブツブツ脱毛)とダーマローラー治療

毛孔性苔癬の脱毛はエステサロンはおすすめできません。大手のミュゼや銀座カラーあたりだと、肌の疾患部分に光を当てられないと断られます。

逆に、毛孔性苔癬だと知りながら施術を許可するサロンは注意が必要。二の腕や背中、太ももなどのブツブツ部分はエステではなく、医療レーザー脱毛がおすすめする理由は、医療スタッフが施術し、使用する脱毛マシンもエステより高出力で医療行為とみなされること。
万が一肌のトラブルがあっても、医師の処置が受けられるなど、肌のトラブルをお持ちの方なら、医療レーザーを受けた方が安心です。
たとえば渋谷美容外科クリニックは「美容皮膚科」が診療科目にあり、医療レーザー脱毛、ケミカルピーリング、フラクセルの施術が可能です。厚生労働省認可の信頼あるクリニックで、渋谷・池袋・横浜・立川に医院があります

お肌は個人差が千差万別で、ひとりひとり症状が微妙に異なるもの。
ドクターの無料カウンセリングもあるので、
あなたの悩みをぶつけてみてください。

渋谷美容外科クリニック

施術内容をカンタンに説明すると、
ケミカルピーリングは毛孔(毛穴)に溜まった角質(角栓)を取り除く効果となります。
効果はありますが、角栓が溜まったら、定期的に治療する必要あり。

ダーマローラーは微細な針がついたローターを肌に転がす手法。
針で皮膚を刺激してコラーゲンの活性化(肌の生成)を図るものですが、
効果がなかった方も多く、痛みがあると感じる人もいらっしゃいます。

フラクセルはダーマローラーと効果が似ていて、微細針ではなく、
レーザーで肌の深層を刺激。これでコラーゲンの活性化をはかります。
新しい治療方法のため効果の検証は、あまり多くありません。

結果重視なら医療レーザー脱毛がいいでしょう。
脱毛という効果が間違いなくあり、毛穴(毛根部分)がきれいになる。
「医療脱毛+保湿クリーム・ジェル」のセットは有効といえます。

医療脱毛とレーザー治療に関しては、こちらのサイトが参考になりました。

【気なったサイト】毛孔性苔癬の脱毛と治療


毛孔性苔癬 脱毛の効果とは?


毛孔性苔癬(角化症)は上腕(二の腕)、背中、顔、臀部などに
発生し、毛穴に角栓がたまりこれが突起するので肌の表面に
ブツブツ、ポツポツなどの凸凹ができる。

これをレーザー治療で毛孔をキレイにするものです。


毛孔性苔癬 薬



大学病院の皮膚科で診断しても「治療法はありません」と言われ、悩んでいる方へ。
思春期から症状がひどくなり、30代~40代に治るため、10代、20代で深刻な悩みの原因。

「治った!」「完治した」治療法はいくつかの共通したケア対策があります。

市販薬クリームを使って保湿を高め


医療レーザー脱毛で治療した


●食事を改善し、食生活を変えた(漢方、にんにく玉)


この他の治療として、
・ケミカルピーリング ・レーザー(フラクセル) ・ダーマローラーなどがありますが、
これらの施術でも「保湿クリーム」は処方されるので、
はやり塗り薬(ジェル・クリーム)は必須といえます